3vSAkWabJ74muLpen2u6.gif

社会人ゲーマー(自称)が、ゲームのことをちまちま書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TimeMachine v0.1

 TimeMachine v0.1の導入方法の説明です。

 1_20080217001111.jpg

Dark_AleX 氏より TimeMachine v0.1 がリリースされました。
このソフトはJigKick Batteryを使い、メモステから過去のFW/CFWを
起動することが出来るソフトです。
起動可能
○  FW 1.50 の起動。(旧型のみ)
○  CFW 3.40 OE の起動。(旧型のみ)
○  CFW 3.60 M33 の起動。(新型のみ)
○  Pandora's Battery(DG)または、Universal Unbricker の起動(両方可)




【必要なもの】

 ○ CFW 2.71 SE 以降のバージョンを導入したPSP(新・旧どちらでも可)
 ○ TimeMachine v0.1
 ○ Pandora's Battery またはUniversal Unbrickerのmsipl.bin
 ○ FW1.50、3.40のEBOOT.PBP
 ○ CFW3.60M33で作成した360.PSAR

【作成方法】

 ○まず、サイトに行ってファイルをDGして解凍すると
  以下のファイルだ出てきます。

      15962_timemachine_0.1
          ├ 360DUMPER
          ├ TIMEMACHINE
          ├ leeme.txt
          └ readme.txt

 ○このTIMEMACHINE フォルダを、メモステのGAMEフォルダに入れます。

 ○次に、
    ・Pandora's Battery またはUniversal Unbrickerのmsipl.bin
    ・FW 1.50 、 3.40 の EBOOT.PBP をリネームした150.PBP340.PBP
    ・CFW3.60M33で作成した360.PSAR


   を、メモステのルート上にいれておきます。
   
   ※このとき、必ずすべてを入れなければならないということはありません。
    たとえば、360.PSAR が必要でないなら、入れなくてもいいです。
    その場合、当然ながらInstall 3.60 M33 は使えません。
   


   下準備は、これでOKです。


 ○本体に戻ってメモステから、TimeMachineを起動します。

    655356553565535655356553565535_20080217001142.jpg


 ○ 次に、以下のような画面が表示されます。

    20070125014806.jpg


 ○ これはすべてインストーラーなので、上から順番に作業していきます。
   ただし、作成はできますが、使用する場合は以下の制限があります。
   
      ・新型ではInstall 1.50、Install 3.40 OE が使用できない
      ・旧型ではInstall 3.60 M33が使用できない
 


【インストールのやり方】

  ○上から順番にいきます。

  Install iplloader on PSP MS boot sector

     TimeMachineを使用するには、まずこの作業をする必要があります。
     xボタンを押すと、PSPに挿しているメモリースティックのブートセクタに
     TimeMachine IPL Loader がインストールされます。
     作業後、メモステのTMフォルダの中のconfig.txt に設定ファイルが作成されます

     このconfig.txt を編集すると、起動するファームウェアを
     切り替えることが可能ですが、必ずやる必要はありません。
   
     config.txtの中身は

     CROSS = "/TM/150/ipl.bin";
     CIRCLE = "/TM/150_340/ipl.bin";
     TRIANGLE = "/TM/340OE/ipl.bin";
     SQUARE = "/TM/360M33/ipl.bin";
     UP = "/TM/pandora.bin";


    操作方法
     ・×ボタンで、ファームウェア 1.50の起動
     ・○ボタンで、1.50 + 3.40 混合ファームウェア
     ・△ボタンで、カスタムファームウェア 3.40 OE
     ・□ボタンで、カスタムファームウェア 3.60 M33
     ・十字キー上で、Universal Unbricker
     
 

  Convert Pandora/DC1-4 ipl into TM format
    
     msipl.binをルート上にあるのを確認してxボタンでインストール開始。
     これで、Pandora's BatteryまたはUniversal Unbricker
     (msipl.bin を導入した方)が起動可能になります。

 
  Install 1.50 (PHAT)

     150.PBPがルート上にあるのを確認して、xボタンでインストール開始。
     v1.50が起動可能になります。
     (ただし、旧型用です。)

  
  Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)

      1.50 + 3.40 混合ファームウェアを起動可能にします。
      150PBP、340.PBP、360.PSAR をルート上にコピーして
      xボタンでインストール開始。


  Install 3.40 OE (PHAT)

      150PBP、340.PBPをルート上にコピーしてxボタンでインストール開始。
      作業後、v3.40OE-Aが起動可能になります。


  Install 3.60 M33 (SLIM)

      360.PSARをルート上にコピーして、インストール開始。
      作業後、3.60M33が起動可能になります。(但し、新型用です。)


【使用方法】

   ○作成したメモリースティックを本体に挿してJigKick Battery をセットします。
     この時に何もボタンを押さなければ、通常起動します。

     設定したボタンを押しながら起動すると、対応したボタンの
     起動が可能になります。
     



[タグ未指定]
[ 2008/02/17 09:40 ] ツール | TB(0) | CM(11)
iR Shell 3.9 - Full Update for 3.90 M33 !!
iR Shell 3.9 - Full Update for 3.90 M33が出ております。

有志の方達によって3.90M33でも全機能、使用できる様になったとの事です。
[ 2008/02/21 01:40 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2008/02/21 03:26 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/21 09:35 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2008/02/21 21:35 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/22 20:26 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/22 23:35 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/23 00:03 ] [ 編集 ]
バッテリーがUniversal Unbriker v4何ですが、
これでもできますか??
[ 2008/02/23 13:08 ] [ 編集 ]
>kさん
Universal Unbriker v4はバッテリーにはインストール?されているわけではないのでできます。
ボタンでブート先が決められますが、私はUniversal Unbrikerまで入れるとゴチャゴチャしてくるのでTimeMachine用を作っています。
[ 2008/02/24 21:23 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/24 22:18 ] [ 編集 ]
link
Linkお願いします
http://emupsp.blog52.fc2.com/
[ 2008/02/25 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
_1203688493_221.gif

管理人:黒兎
     社会人ゲーマー(自称)
     只今、3DS iPhone分解の
     勉強中。          
カウンター
カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。