3vSAkWabJ74muLpen2u6.gif

社会人ゲーマー(自称)が、ゲームのことをちまちま書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はじめの一歩

黒ハムです。

黒さんとえむさんは今、はじめの一歩(週刊少年マガジン連載中)に
ハマっています。

 
はじめの一歩 83 (83) (少年マガジンコミックス)はじめの一歩 83 (83) (少年マガジンコミックス)
(2008/03/17)
森川 ジョージ

商品詳細を見る

黒さんの家には全巻そろってて、休憩しているときは二人で黙々と読んでます。

25巻の青木と木村の昔話で、笑い、目頭を熱くし、
30巻の一歩vs千堂の試合で「強いって何ですか?」というセリフに泣き、
56巻の梅沢が釣り船幕ノ内を去り、一歩の「ボク達は親友だってーーっ!!」
というセリフに号泣していました。

    ハム  「どこに泣く所があるんですか?」
    黒    「アホか!オマエには一歩の気持ちが分からんのか?
          さらに梅沢の気持ちも分からんのか?
          全国のはじめの一歩読者の誰もが涙するシーンやんけ!!!」

    ハム  「いや、そんなことないと思いますよ。僕、泣かへんかったし。」
    黒    「アカンわ・・・。それではアカンわ・・・。
          オマエのような冷酷非情、無感動の人間には
          このアツイココロの叫びが伝わることはないわ・・・。」

    ハム  「いや、そんなオーバーなもんでもないでしょ?」
    黒    「うるさい、オマエとは話が合わへん。」


僕も最初から読もうかな・・・。
          

[タグ未指定]
[ 2008/06/06 01:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
_1203688493_221.gif

管理人:黒兎
     社会人ゲーマー(自称)
     只今、3DS iPhone分解の
     勉強中。          
カウンター
カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。