3vSAkWabJ74muLpen2u6.gif

社会人ゲーマー(自称)が、ゲームのことをちまちま書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はじめの一歩 その2

黒ハムです。

今日も休憩中にえむさんさんがはじめの一歩を読んでました。

 
はじめの一歩―The fighting! (32) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (2241巻))はじめの一歩―The fighting! (32) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (2241巻))
(1996/03)
森川 ジョージ

商品詳細を見る

黙々と読んでいるので、お菓子でも持っていってあげようと思って
たけのこの里を持っていきました。

すると、なんか半泣きになっています。
ちょうど32巻の半分くらいのところでした。

     黒ハム  「また一歩見て泣いてるんですか?どこで泣くの?」

といって、「はいお菓子。」と言おうとした瞬間、
すっくと立ち上がり(えむさんはいつもしゃがんでいます)
電光石火の脳天唐竹割り!

     黒ハム  「あいた!なんで?」
     えむ    「うるさい!あんたは木村の努力を見てないから
             そんなナメたことがいえるねん!」

感情移入しすぎやろ!ってあれ?お菓子は?と思ったら
もうえむさんが、ふたを開けて食べています。
コイツ・・しのびか?
 
     えむ     「なんでお菓子だけなん?お茶は?」
     黒ハム   「スンマセン、持ってきます!」

砂糖たっぷりのミルクティーを入れていると、黒さんと何か話しています。

     えむ    「何回読んでも泣けるわ~」
     黒     「あぁ、木村の試合な。俺も好きやで。」


  もう何度サンドバッグを叩いただろう
  ジャブ・フック・ストレート・・・・

  何百回何千回
  気の遠くなる程
  数を打ち込んだ

  全ては・・・
  全ては
  この一撃のために!!


    黒・えむ  「おぉ~~~~~」

仲良く半分ずつ本を持って、うるうるしています。
いやまぁ、なんとなくわかりますけどね。でもそこまで泣くか?

えむさん、ミルクティー早く飲んでね。

[タグ未指定]
[ 2008/06/09 23:50 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
_1203688493_221.gif

管理人:黒兎
     社会人ゲーマー(自称)
     只今、3DS iPhone分解の
     勉強中。          
カウンター
カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。